サイト内検索:

周遊謎 (街歩き系等) 街歩き系

【攻略、感想】「吉祥寺謎解き街歩き」で1日遊んでみた!

投稿日:2020年5月27日 更新日:

攻略データ

公演名ナゾトキ街歩きゲーム「吉祥寺謎解き街歩き」(SCRAP)
公演のスタイル広域周遊型(プレイ人数1人~)
難易度★★★★★★★☆☆☆(10段階評価)
移動距離JR吉祥寺駅中心に徒歩15分範囲
実際に要した時間3時間
特に必要となる力読解力、観察力、注意力、パズル解読力、ひらめき力
必要なものスマホやタブレット(インターネット、LINEアプリ使用
キット購入料金2,400円(税込)(SCRAPナゾビル吉祥寺1F)
公演情報ナゾトキ街歩きゲーム「吉祥寺謎解き街歩き」/吉祥寺謎

※スマートフォンでご覧の方は、攻略データを左へスライドできます

※ご注意:お出かけ前に必ず公演情報の公式サイトから「開催期間」をご確認ください。

※公演のスタイルについては「リアル脱出ゲーム&体験型 謎解きの種類」をご参考ください

タイトル画像「吉祥寺謎解き街歩き」

こんな方におすすめ

  • グルメやオシャレなカフェ、ふらっと店先でショッピングも。街歩きしながら謎解き!
  • 吉祥寺の「意外なお店」や「知らないスポット」を巡ってみたい
  • ぶらっとなぞとき、トコトンげきなぞ、選べるコースで謎解き好きも納得!

-はじめに-
今回の記事は、東京吉祥寺の街を巡って謎を解くナゾトキ街歩きゲーム「吉祥寺謎解き街歩き」を遊んでみた体験レポートです。

今、吉祥寺ではたくさんの街歩き系謎解きが開催されていますが、その中でも代表的な作品になろうとする意気込みの感じられる素晴しい内容でした。

・お店巡りメイン、謎解きメインなど目的別の4つのコース
・吉祥寺のジャンル豊かなスポットを網羅
・街歩きだけでは終わらない、LINEアプリと連動した謎解き

などなど。この辺りの特徴の詳細を記事で書いていきます。

下の目次を眺めるだけでも全体の要点がわかります。気になる項目があれば、チェックしてみてくださいね。



ナゾトキ街歩きゲーム「吉祥寺謎解き街歩き」概要と特徴

謎解きキット一式の写真

吉祥寺の「好き」がきっと見つかる街歩き

自分なりの「好き」が見つかるよ! というのが、この街歩き謎のテーマ。

お洒落で住みたい街ランキング上位とのイメージがある吉祥寺ですが、謎解きを通して、素敵で便利な街の側面だけでなく、今まで知らなかったディープな吉祥寺も見ることができました。

・戦後の闇市から発展した入り組んだ路地の「ハーモニカ横丁」
・絵本に出てくる猫の世界をテーマにした「吉祥寺プティット村」
・世界で1足のオールスターが作れるコンバース直営店
・まるで洞窟の中に迷い込んだようなコーヒーショップ など

これはほんの一例で、謎解きには関係ないけれどオススメされているカフェ、選んだコースによって訪れる場所も変わったり。謎解き冊子は、ガイドブック風にまとめられていて、1日ではまわりきれない吉祥寺のスポットがたくさん紹介されています。

吉祥寺プティット村の写真

猫がモチーフの「吉祥寺プティット村」

井の頭公園の写真

緑豊かな「井の頭公園」

 

謎解きキットの購入、探索範囲

謎解きキットは「SCRAPナゾビル吉祥寺」1Fで販売されています。キットには消しゴム付きペグシル付属。謎解きには、LINEアプリの使用が必須です。

謎解きでは、どこかのお店に入る必要は一切ありません。JR吉祥寺駅を中心に徒歩15分範囲で、街の建造物や、お店の看板、ときには「落書き?」と思うような壁のデザインなども利用して謎を解いていきます。

比較的、商店街の多い北側を探索することが多かったかなあと思います。

謎解きガイドブックの写真

ガイドブック風の謎解き冊子

付属の消しゴム付きペグシルの写真

付属の消しゴム付ペグシル

魅力的なお店や場所も多いですが、謎解きに専念して3時間以上はかかる内容でした。1日で終わらせたい場合は、ペース配分に気をつけたいですね。

 

途中、目的別4つのコースに分岐

吉祥寺謎解き街歩きコース紹介のイメージ画像

「吉祥寺謎解き街歩き」では、途中、コースが目的別に4つへわかれます。最終的に行き着く場所は同じになります。

選んだコースによって、吉祥寺の全12スポットのうち5~7カ所巡りながら、謎解きをします。何と全部のコースをやってみることもできます! 他のコースと場所・問題が同じものもありますので、4つのコースを制覇しても十分1日でまわれる量かなあと思いました。

よりディープに吉祥寺を知りたい方は、全部まわってみるのもいいかもしれませんね。

 

概要のまとめ

ココがポイント

・お洒落だけじゃない、ディープな吉祥寺が知れる街歩き謎
目的別4つのコース選択で、自分にあった「好き」が見つかる
 ※複数コースを遊ぶことも可
・どのコースを選んでも、途中でまた合流する
・謎解き事態は、どこのお店にも入る必要なし(外観や看板の情報を使用)
LINEアプリの使用が必須



謎解きの特徴は?

吉祥寺の街並みの写真

多彩な謎解き、途中アドベンチャーゲームも!?

出題される謎解きのジャンルはとても多彩です。4つのコース選択で、途中の問題の傾向は多少絞られますが、パズル問題あり、ひらめき問題あり、冊子やアイテムを利用したアナログ問題(折ったり、重ねたり、貼り付けたり)もたくさん用意されていました。

ポイントとしては次のようなことが上げられます。

  • 全4章構成(第2章がコース選択で4つ分岐 → 第3章で合流)
  • 謎コース(げきなぞ、なぞぶら)を選択した場合、途中、難度高めのパズル問題あり。地道に取り組む論理的な問題が苦手な方は注意。公式ヒントあり
  • 第3章は、LINEアプリの操作メイン。街歩きの必要なくカフェ推奨
    (30~40分以上かかる)
  • 使い終わったと思う物も、ゴミと思わず全てのアイテムは最後まで所持
  • ジョー吉がカワイイ

 

ジョー吉のイラストの写真

案内役のリスの「ジョー吉くん」

ジョー吉とのLINEトークの写真

腕が短くて全身映らない(LINEトークより)

いや~、オリジナルキャラのジョー吉くんがとにかく可愛かったです! 謎解きは主に導き出した答えやキーワードをLINEアプリのトークで、ジョー吉くんへ送信することで進んでいきます。

そんなジョー吉くんとのやり取りが、心ゆくまで楽しめるのが「第3章」

吉祥寺の街で突然巻き起こった事件をジョー吉くんと解決する「アドベンチャーゲーム」になっていました。LINEで選択肢を送信しながら、ストーリー展開を楽しむ仕様。手元に簡単のメモを用意しながらプレイすると、混乱なくスムーズだと思います。

アドベンチャーゲーム風の展開の写真

アドベンチャーゲーム風の展開

最後の謎

最終章に用意されている「最後の謎」は街歩きの必要はありませんでした。最終報告もLINEで行います(最終章の前半は、街歩きをします)

ラストにふさわしい、手持ちアイテムを総動員して取りかかるアナログ問題。落ち着いた場所でとりかかるのがいいですね。私は、家に帰ってからじっくり取り組みました。

難易度は高くありません。「ひらめき」と手元で次々と変化していくキットの様子を楽しむ内容で、子供から大人まで楽しめると思います。

ガイドブックや、付属のアイテム類を隅々までじっくり観察してみましょう!

ラストアンサーのイラスト

エンディング後、高難度「おまけ謎」

今回はエンディング後に、「おまけ謎」が用意されていました(本編終了時にLINEで案内されるアンケートに答える必要があります)

しかも、「おまけ謎」と思えないほどボリュームも質も高く、本編より難しいかもしれません。吉祥寺の街歩きは必要ありませんので、自宅でゆっくりとりかかるのがオススメです。冊子やアイテムは捨てずにとっておきましょう!

謎解き好きも納得の内容ですので、ぜひ時間をかけてじっくりチャレンジしてみてください。ときには自分の選ばなかったコースの情報も、必要かもしれません。くまなく冊子(ガイドブック)に目を配らせましょう!

おまけのイラスト

攻略のポイントまとめ

ココがポイント

・げきなぞ、なぞぶらコースでは、難度高めのパズル問題あり。論理的に考える問題が苦手な人は注意(公式ヒントあり)
・第3章はカフェ推奨(LINEアプリ操作が30~40分続く、街歩きなし)
アイテムはゴミと思える物も最後までとっておこう
・クリア後の「おまけ謎」あり。自宅でできる本格謎、本編より難しい!?



実際に参加してみたリアルな感想

吉祥寺の街並みの写真その2

感想「誰かにオススメしたくなる吉祥寺の謎解き」

普段、私はなかなか吉祥寺を訪れる機会がありませんでした。お洒落で敷居の高い街というイメージが先行して、気後れしていたのです。

もちろんお洒落なスポットもたくさんありますが、レトロなのれん街があったり、個性的で一風変わったコーヒーショップや本屋さん、安くて美味しいグルメもあったりと、謎解きを通して、今度またゆっくり来たいなあと思える自分なりのスポットが見つかりました

吉祥寺プチロードの写真

レトロな味わいのある商店街

吉祥寺のカレー屋さんの写真

個性的な見た目のカレー屋さん

 

また、とても嬉しかったのはクリア後の「おまけ謎」の質がとても高かったことです。

クリア後のおまけ謎は、高い余韻を残してくれるので大好きなのですが、最近はあまり手の込んだものに出会えず、寂しく思っていました。

「吉祥寺謎解き街歩き」の「おまけ謎」は、質もボリュームも本編に勝るとも劣らない出来映えで家に帰ってからも引き続き楽しむことができました。

数年前の「地下謎への招待状」にも、クリア後に自宅で出来る非常に手の込んだ謎が用意されていたのですが、そのことを思い出したり。

街歩き系の謎解きは、参加の敷居が低い分、ライトプレイヤーから謎解きヘビープレイヤーまでいろいろな人が参加します。難しい問題を求める層の希望を「おまけ」で叶えているのかもしれませんね。

今、吉祥寺を舞台にした謎解きが数多く開催されていますが、SCRAPさんの「吉祥寺謎解き街歩き」は、「吉祥寺の謎解きなら、まずはこれをやってみて!」と友達にオススメしたくなる内容だったと思います。

井の頭公園の写真その2

井の頭公園をぐるりと取り巻く周遊道

井の頭公園の池の写真

井の頭池の見晴らし

今回の記事は以上となります。この記事が参考になりましたら、下の各SNSボタンより紹介して頂けると幸いです。
どうかなるべく多くの皆さんに、謎が解けた瞬間のあの歓喜の時が訪れますように!

人気記事ランキング

アイキャッチ画像「リアル型脱出ゲーム頻出パターン練習問題」 1

リアル脱出ゲームをはじめとした「体験型謎解き」には、よく出題される「頻出パターン問題」があります。この記事では9年で500回以上謎解きイベントに参加してきた経験から、頻出パターンをまとめ、クリア成功率を高められる練習問題を紹介します。

アイキャッチ画像「時の迷宮からの脱出」 2

カードキャプターさくら×リアル脱出ゲーム「時の迷宮からの脱出」に挑戦してみた体験レポートです。ルールとトリックに縛られた迷宮を探索するゲーム性の高い謎解きでした。難易度や所要時間の攻略データや謎解きの特徴など、参加検討に役立つ内容です。

アイキャッチ画像「リアル脱出ゲームの攻略パターン」 3

リアル脱出ゲームには、攻略のパターンがある!?リアル脱出ゲームを代表とする「体験型謎解き」によくありそうな「パターン」を紹介しながら、クリア成功率を上げるコツについて書いています。謎解き「あるある」としても楽しめる作りになっています!

アイキャッチ画像「WEST CODE」 4

西武新宿線、池袋線沿線を周遊する謎解き「WEST CODE~鉄道が繋ぐ未知なる宝の物語」を遊んでみた体験レポートです。暗号解読をテーマに、キットに仕掛けられたトリックも楽しい謎解きです。2つのコースの所要時間や、お得なフリーキップの情報も。

-周遊謎 (街歩き系等), 街歩き系

Copyright© リアル謎解き&脱出ゲーム 攻略レポ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.