サイト内検索:

公園や遊園地など 周遊謎 (街歩き系等)

【攻略、感想】ストーリービヨンドホーンテッドマンション謎解き「ゴーストレジストリーに隠された13の謎」(ネタバレ無し)

2023年2月7日

攻略データ

プログラム名ゴーストレジストリーに隠された13の謎(東京ディズニーランド)
謎解きスタイル周遊型(テーマパーク系) ※プレイ人数1人~
難易度★★★★★★☆☆☆☆(10段階評価)
移動距離東京ディズニーランド内(屋外)
※アトラクションに乗る必要なし
実際に要した時間90分(公式想定 3時間程度)
特に必要となる力読解力、注意力、観察力、ひらめき力
必要なものスマホやタブレット(インターネット、LINEアプリ使用)
キット料金(税込)1,300円(税込)
※別途、東京ディズニーランド入園料
《キット販売》
東京ディズニーランド内の下記ショップ
「グランドエンポーリアム」
「キングダム・トレジャー」
※入店にスタンバイパスが必要になる場合あり(詳細こちら
公式情報【公式】 東京ディズニーリゾート|Disney Story Beyond ホーンテッドマンション

※スマートフォンでご覧の方は、攻略データを左へスライドできます

※ご注意:お出かけ前に必ず公演情報の公式サイトから「開催期間」「料金」をご確認ください。

※公演のスタイルについては「リアル脱出ゲーム&体験型 謎解きの種類」をご参考ください

タイトル画像「ゴーストレジストリーに隠された13の謎」

注目のポイント

  • 東京ディズニーランドの人気アトラクション「ホーンテッドマンション」の重厚な世界感に触れられるイベントプログラム
  • パーク内の意外なスポット巡り、東京ディズニーランドの知らなかった景色に出会えるかも!?
  • WEBサイトやLINEアプリと連動、直感やひらめきも刺激される本格的な謎解き体験

-はじめに-
今回の記事は、東京ディズニーランド内で開催中の謎解きイベント「ゴーストレジストリーに隠された13の謎」にチャレンジした攻略レビューをお届けします。

東京ディズニーランドのホラー系アトラクション「ホーンテッドマンション」の世界感を肌で感じながら、本格的な謎解きを楽しめる期間限定イベント。パーク内の意外なスポットも巡り、謎解き好きの友達や恋人とワイワイ楽しめる内容でした。

記事では、所要時間や難易度といった攻略に役立つデータや、WEBサイトやLINEアプリと連動する謎解きの見所など。気になる情報を徹底紹介しています。

下の目次を眺めるだけでも、要点がわかりますので、気になる項目があればチェックしてみてくださいね。

※謎解き問題や物語のネタバレはしておりませんが、本イベントの概要や構成、プレイ中に見かけた風景、問題の傾向などがわかる記事になっております。事前情報無しでプレイされたい方は、閲覧にご注意ください。

人気記事
アイキャッチ画像「東京周辺で遊べる街歩き系謎解きまとめ」
【謎解き一覧】東京周辺の街歩き系 目的別まとめ(2023年)

東京周辺の街歩き系・周遊謎を10年間で100以上遊んでみて「これは面白かった!」と太鼓判付きのものを紹介したレビュー記事です。目的別に「鉄道・電車沿線」「人気の商店街」「アミューズメントスポット周辺」など、今遊べるものを見やすくまとめました。写真も多く掲載し、参加検討に役立つプレイイメージをしやすい内容です。

続きを見る

東京ディスニーランドホーンテッドマンション謎解き「ゴーストレジストリーに隠された13の謎」の概要

概要「屋敷に棲まう999人の亡霊達が記載された書物、失われたページを求めて」

ゴーストレジストリーに隠された13の謎「謎解きキット01」の写真

ガイドパンフレットサイズの謎解きキット

999人の亡霊たちが暮らすホーンテッドマンション。
館に仕える者たちがそこに住む亡霊たちについて記した本「ゴーストレジストリー」は、代々、大切に受け継がれてきた。

だが、やがてこの館の主となる「Z.J.」が、ゴーストレジストリーを落としてしまい、衝撃でいくつかのページが部屋の外へ飛んでいってしまった

はたして、あなたはページを全て回収し、Z.J.を救うことができるだろうか…。

「ゴーストレジストリーに隠された13の謎」の導入ストーリーは上のようになっています(公式サイト掲載ストーリーを要約)

現在、東京ディズニーランドでは期間限定イベント「Disney STORY BEYOND(ディズニーストーリービヨンド)」が開催中です(2023年1月26日木~3月31日金)パーク内のエリアやアトラクションに設定された物語をより深く知る事が出来る内容になっており、今期間ではホラー系アトラクションで人気の「ホーンテッドマンション」が取り上げられています。

今回の謎解きは、このイベントの一環。想像以上に手応えの感じられる本格的な問題ばかりで驚きました。小学生以下のお子さんは、謎解きが得意な大人の補助が必要な難しさです。

イベント用WEBサイトには、謎解きに関係するゴースト達の設定が記載されており、生い立ちや亡霊となった経緯など、それらを読み進めるだけでも楽しく、細かに描かれる世界感の奥深さはさすがディズニーと感じられるものでした。

謎解きは、特別な知識が無くても直感的に解ける一般的なクイズや迷路といった内容でしたが、イベント用WEBサイトの情報や、東京ディズニーランド内の景観や設置物を利用した暗号解読風の問題が多く、時には音を頼りに探索スポットを判明させる必要もありました(謎解き問題の詳細は、後述をご覧ください

ゴーストレジストリーに隠された13の謎「シンデレラ城02」の写真

青空に映えるシンデレラ城。探索ではアトラクションに乗る必要はありませんでした

ゴーストレジストリーに隠された13の謎「LINEアカウント」の写真

LINEのゲーム専用アカウントを登録し、トーク画面上でゲーム進行

所要時間の目安(ゲーム構成)、探索エリア(屋内外の割合など)

実際にかかった所要時間:90分
公式の想定時間:3時間程度)

プレイ可能時間:パーク開園~閉園
※キット販売店舗の営業時間に注意(詳細、後述参照
※全4ミッション中、ミッション3は閉園2時間前までに開始する必要あり

私は大人2人の協力プレイでクリアまでに「90分」かかりました。途中の休憩時間は含んでいません。私達は謎解きに慣れており、東京ディズニーランド内の地理にも詳しい状況でした。

所要時間の目安は謎解きに慣れているいる人で60~90分パーク内の地理に詳しくない人や謎解きに慣れていない人が公式ヒントを活用したプレイで2~3時間程かかると思います。

ゲーム進行は、基本的にLINEアプリのトーク画面で行われました。問題画像が表示され、答えを送信することで進んで行きます。購入するキットはコンパクトですが、問題の多くは後からLINE上で送信されてくる仕組みのため、見た目以上のボリュームがありました。

謎解きに必要となる探索は、東京ディズニーランド内の屋外範囲(屋根のあるワールドバザール含む)で、アトラクションに乗る必要はありませんでした。アトラクションに並ぶ必要がないため、混雑日でも安心してプレイできますが、天候には注意が必要ですね。

ゲーム構成は4つのステップ(ミッション1~4)に分かれており、机上問題と園内を探索するシーンにメリハリがありました。探索が必要となるのは、全体の1/4程度で多くはありませんでした。

謎解き自体は、アトラクションに乗らずともクリアできますが、ホーンテッドマンションの乗車も合わせて体験するのがオススメでした。今回の「Disney STORY BEYOND(ディズニーストーリービヨンド)」では、謎解き以外の企画もいろいろ催されており、合わせて体験する事でより深く世界感に触れることができました(詳細は、次項をご覧ください

※上記、謎解きの所要時間にはアトラクションの待ち時間や体験時間は含んでいません

プレイ可能時間は、パーク開園~閉園までです。但し、キットを購入する必要があるため、販売店舗(グランドエンポーリアム、キングダムトレジャー)の営業時間に注意。営業時間は日によって異なる事があるため、当日のショップ運営情報を確認する必要がありますね。

また、ミッション3は、閉園2時間前までに開始する必要があり、時間に余裕を持って日中にプレイを始められると安心です。尚、ミッション3以降は、場所を選ばずパーク外でも解くことが出来る内容でした。キットが手元にあれば、日を跨いだプレイも可能ですが、途中で入手するアイテム類は一度しか貰えないため、捨てないように注意したいですね。

ゴーストレジストリーに隠された13の謎「ワールドバザール」の写真

探索はほぼ屋外でしたが、屋根のある「ワールドバザール」内に訪れる機会も

ゴーストレジストリーに隠された13の謎「ピーターパンとフック船長」の写真

探索中、ファンタジーランド内でピーターパンとフック船長に出会いました(謎解きとは関係ありません)

 

WEBサイトとアトラクションの連動企画について

現在、東京ディズニーランドの公式サイトでは、「Disney STORY BEYOND」の専用ページが公開されています。

こちらのページでは、ホーンテッドマンションに棲まう8人の亡霊たちの仔細な設定とストーリー背景が記載され、謎解きプログラムとは別に、アトラクションと連動した企画が体験できる仕組みになっていました。

実際のホーンテッドマンションの待機列やアトラクション外周辺に、合言葉が書かれた看板が設置されており、その合言葉をWEB上で入力すると、幾つかの質問事項が表示されます(看板は複数設置されていますが、全て同じ内容。合言葉は1つです)

アトラクションに乗りながら、質問の答えを考える内容で、正しい答えを選択できると、ゴースト(亡霊)達のさらなる物語をWEB上で閲覧できる仕組み。今回のイベントに合わせて、アトラクション内の装飾や設置物も一部追加されており、従来からのファンにとっても新鮮な体験になりますね。

そして、この8人のゴースト達が謎解きプログラムにも登場します。ゴーストレジストリーに記載された亡霊たちの姿をアトラクション内で実際に目にすることで、物語への没入感がとても高まりました。事前に体験しておくと、謎解き問題が解きやすくなる利点もありました。

ゴーストレジストリーに隠された13の謎「合言葉の看板」の写真

合言葉の記載された看板。謎解きではなく、アトラクションとWEBコンテンツの連動企画で使用されます

キット販売情報(値段、販売店舗など)

キット販売情報
キット値段(税込)1,300円
※別途、東京ディズニーランド入園料
キット販売店舗グランドエンポーリアム(ワールドバザール内)
キングダム・トレジャー(ファンタジーランド内)
販売店舗営業時間当日のショップ営業時間を要確認
プレイ可能時間パーク開園~閉園まで
※但し、全4ミッション中、ミッション3は閉園2時間前までに開始する必要あり

※間違いがないよう記載しておりますが、変更の可能性もあるため、公式情報も必ずご確認ください

謎解きキットは、ワールドバザール内にあるパーク内最大のグッズショップ「グランドエンポーリアム」、又はファンタジーランド内の比較的ホーンテッドマンションに近い「キングダム・トレジャー」で販売されています。

キングダム・トレジャーは、「Disney STORY BEYOND」の期間中、関連グッズに特化した取扱いになっており、イベント用の店内装飾もされていました。但し、混雑日は混み合うことが予想されるため、注意が必要ですね。

各店舗とも営業時間は日によって異なる事があり、当日のショップ運営情報から確認をしておく必要がありますね。また時期によって、入店するためにスタンバイパスが必要になる場合があります。詳細は公式サイトをご確認ください。

公式情報:当日のショップ運営情報

公式情報:スタンバイパスについて

ゴーストレジストリーに隠された13の謎「キングダムトレジャー内の装飾」の写真

キングダムトレジャーの店舗内は、ストーリービヨンドの装飾がされた箇所も。窓部分がLEDモニターで、映像が流れていました

【概要のまとめ、注意が必要に感じたこと】

ココがポイント

《概要のまとめ》
ホーンテッドマンションに棲まう亡霊たちのバックボーンを知る事ができる物語
WEBコンテンツ、パーク内探索、LINEアプリ(トーク機能)等を利用して遊ぶ謎解きイベント(謎解き問題の詳細は、後述をご覧ください
・謎解き以外にも、WEBコンテンツとアトラクションの連動企画などあり
※合わせて体験することで、より深く世界感を楽しめる

《注意が必要に感じたこと》
プレイにはスマホやタブレットなどWEB端末とLINEアプリ必須
・キット販売店舗の営業時間は、当日のショップ運営情報を要確認
・キット販売店舗の1つ「キングダムトレジャー」は混み合うため、混雑日は特に注意
・全4ミッション中、ミッション3は閉園2時間前までに開始している必要あり

難易度や謎解きの特徴は?

特徴「WEBサイトやパーク内の情報を頼りに暗号解読風の謎解き」

ゴーストレジストリーに隠された13の謎「謎解きキット02」の写真

シンプルなキットですが、WEBコンテンツやLINEアプリと連動するため、見た目以上のボリュームでした

謎解きの序盤~中盤(ミッション1~2)にかけては、手持ちのキットの情報、「STORY BEYOND(ストーリービヨンド)」のWEBページに記載された内容、探索で発見するパーク内の景観や設置物の特徴などを利用した暗号解読風の問題になっていました。

例えば、ワールドバザールのとある店舗の看板と同じ色の文字を問題文から拾うといった内容です(これは例示で、実際の問題とは異なります)

どの問題も特別な知識がなくても解ける内容でしたが、音を頼りにパーク内の特定スポットを判明させる必要があったりと、捻りの効いた問題も多く、難易度は決して易しくはなかった印象です。

どうしても分からない問題がある場合、LINEトークのメニューからヒントを閲覧することができます。ヒントは各問題ごと段階式になっており、必要な部分だけを利用できる形式。活用することで、謎解きに慣れていない人でも、最終ミッションまで辿り着くことができるように調整されていました。

ゴーストレジストリーに隠された13の謎「ヒント画面」の写真

公式ヒントはLINEトーク画面のメニューから

ゴーストレジストリーに隠された13の謎「昼のパレード」の写真

机上問題は、昼のパレードの待ち時間を利用して解いたりしました

最後の謎「達成状況でクリア率変化、柔軟な発想と鋭い観察眼が重要」

謎解きの後半(ミッション3以降)は、パーク内探索の必要なく、何処ででも解くことでできる机上問題になっていました。但し、難易度がさらに上がり、今まで見聞きしてきた情報や前の問題などを総合的に振り返る必要がある内容で、机や椅子のある場所でじっくり腰を落ち着けて取組むのがオススメでした。

さらにミッション4では、ゲームの達成状況によりエンディングで表示されるクリア率が変動する仕組みになっていました。クリア率は「80%」「100%」「120%」の3種類です(クリア後にSNSで投稿可)。クリア率120%達成に関しては、ヒントも用意されていませんでした。

高いクリア率の獲得には、序盤で語られていた「ゲームの目的」をどれだけ遂行できるかにかかっています。最終解答はLINEトーク上で行い、何度でも送信することができるため、クリア率「120%」を目指して果敢に挑戦したいですね。

攻略のコツは、
(1)「ゲームの目的」を正確に把握する
(2)一見関係ないと思われる情報にも気を配り、柔軟な発想で出来ることを模索する
(3)イラストは細かいところまでよく観察してみる
といったことが重要になりました。

尚、どのようなクリア率であっても終了後に解説を閲覧することができます。解説には全ての問題の解答が記載されているため、解けない問題にモヤモヤしたまま終わることもありませんね。

ゴーストレジストリーに隠された13の謎「クリア率」の写真

クリア率は「80%」「100%」「120%」の3種(SNS投稿可)

ゴーストレジストリーに隠された13の謎「クリア画面」の写真

クリア報告はTwitterへ投稿することが出来ました

 

【難易度の目安、攻略コツまとめ】

ココがポイント

《難易度の目安》
・謎解きに慣れていない人は、公式ヒントを活用しないとクリア出来ないかも
・小学生以下のお子さんは、謎解きが得意な大人の補助が必要な難しさ

《攻略コツまとめ》
・WEBページの亡霊たちの情報は、見た目も含めてしっかり読み込もう
・どうしても分からない問題は公式ヒントを活用しよう
※公式ヒントはLINEトーク画面の「メニュー」より閲覧可
・クリア率120%獲得のコツ
(1)「ゲームの目的」を正確に把握しよう
(2)一見関係ないと思われる情報にも気を配り、柔軟な発想で出来ることを模索しよう
(3)イラストは細かいところまでよく観察してみよう

謎解きにあまり慣れていなく、当日の問題を解くのに不安がある方は、体験イベント型の謎解きでよく出題されるパターンをまとめた記事もありますので、宜しければ活用してみてください(当日の問題を解説するものではありません。一般的な謎解きの考え方や傾向を練習できる内容です)

人気記事
【クリア成功UP】街歩き系謎解き・脱出ゲームによく出る『頻出パターン練習問題』

街歩き系謎解きや、リアル脱出ゲームをはじめとした「体験イベント型謎解き」には、よく出題される「頻出パターン問題」があります。この記事では10年で500回以上謎解きイベントに参加してきた経験から、頻出パターンをまとめ、クリア成功率UPやスマートに解くことを目指した練習問題を紹介します。

続きを見る

実際に遊んでみたリアルな感想

感想「ホーンテッドマンションの仔細な設定と重厚な世界感に没入できる体験」

ゴーストレジストリーに隠された13の謎「美女と野獣のアトラクション」の写真

大人気アトラクション「美女と野獣」、夜は幻想的な雰囲気に(謎解きには関係ありません)

私は謎解きも東京ディズニーリゾートも、両方とも大好きですが、まさにそんな方にとってはこの上なく楽しい体験ができる内容。謎解きプログラムだけに留まらず、今回の「Disney STORY BEYOND(ディズニーストーリービヨンド)」の企画全体を体験することで、より深く充実した時間を過ごすことができました

AR機能(拡張現実)を利用して、ゴースト達と写真を撮影したり、アトラクションに乗らないと分からないWEBコンテンツと連動した企画など。事前にイベント用WEBサイトをよく確認してから、お出かけするのがオススメです。

今回の体験を通して、乗り慣れたと感じていたホーンテッドマンションが、とても新鮮な印象に変わりました。特に、アトラクションに乗りながら、企画に関係する設置物を探す体験は、友達や恋人と盛り上がること間違い無しです(謎解き自体は、アトラクションに乗車せずともクリアできます)

ホーンテッドマションの奥深い世界感に触れる体験は、まさにディズニーパークでしか味わえない至極のエンターテイメント。加えて、園内の探索では意外なパークの景観や設置物を豆知識的に知ることができ、街歩き系の謎解きに勝るとも劣らない「発見する喜び」の感じられるものでした。

ゴーストレジストリーに隠された13の謎「バックチャーム」の写真

キット購入した「キングダム・トレジャー」ではストーリービヨンド関連のグッズも販売されていました。写真はバックチャーム(税込2,000円)今回の謎解きに登場したゴーストをイメージした全6種。どれが当たるかはランダム

また、東京ディズニーランド内で行われるイベントということで、謎解きに慣れていないライト層の人に合わせた難易度かと思っていましたが、決してそんなことはありませんでした。謎解きに慣れている人でも手応えが感じられる問題ばかりだと思います。

そのため、謎解きに慣れていない人は苦戦する可能性が高いです。パークで遊ぶ目的にもよりますが、他のアトラクションやショー鑑賞なども楽しみたいと考えている場合は、プレイ時間の目標を決め、間に合わなければ、公式ヒントをどんどん活用した方が、パーク体験の満足度が上がるかなあと思いました。最低限、ミッション3までたどり着ければ、以降はパーク内探索が必要ないため、自宅で解き明かしてもいいかもしれませんね。

ディズニーも謎解きも好きな人には、とてもオススメできる内容。イベント期間内(2023年1月26日木~3月31日金)に東京ディズニーランドへ行かれる方は、プレイなさってみてはいかがでしょうか。

それでは最後まで記事をご覧いただき、ありがとうございました!

人気記事ランキング

アイキャッチ画像「東京周辺で遊べる街歩き系謎解きまとめ」 1

東京周辺の街歩き系・周遊謎を10年間で100以上遊んでみて「これは面白かった!」と太鼓判付きのものを紹介したレビュー記事です。目的別に「鉄道・電車沿線」「人気の商店街」「アミューズメントスポット周辺」など、今遊べるものを見やすくまとめました。写真も多く掲載し、参加検討に役立つプレイイメージをしやすい内容です。

アイキャッチ画像「電車・鉄道系謎解きのおすすめまとめ」 2

東京近郊や関東で電車に乗って沿線の駅を巡る謎解きをまとめた記事です。難易度や所要時間などのデータや写真掲載で、プレイイメージがしやすい内容。10年間で100回以上、街歩き系の謎解きをプレイしてきた経験から、実際に遊んでみてオススメできるものだけを厳選しています。

アイキャッチ画像「リアル脱出ゲームの攻略パターン」 3

リアル脱出ゲームには、攻略のパターンがある!?リアル脱出ゲームを代表とする「体験型謎解き」によくありそうな「パターン」を紹介しながら、クリア成功率を上げるコツについて書いています。謎解き「あるある」としても楽しめる作りになっています!

アイキャッチ画像「リアル脱出ゲームのおすすめ」2021年版 4

「リアル脱出ゲーム」に、10年間で300回近く参加してみて「これは面白い!」と太鼓判付きのものを紹介。目的別「はじめて遊ぶなら?」「友達を誘うなら?」「難易度ナイトメア級」など、今遊べるおすすめのリアル脱出ゲームのまとめです。

5

街歩き系謎解きや、リアル脱出ゲームをはじめとした「体験イベント型謎解き」には、よく出題される「頻出パターン問題」があります。この記事では10年で500回以上謎解きイベントに参加してきた経験から、頻出パターンをまとめ、クリア成功率UPやスマートに解くことを目指した練習問題を紹介します。

アイキャッチ画像「リアル脱出ゲームのおすすめ東京2022年」 6

東京都内のリアル脱出ゲームに、10年間で300回以上参加して「これは絶対プレイして欲しい!」と感じたおすすめをまとめた記事です。2022年現在、遊べるモノをピックアップ。脱出成功率や見所など、検討に役立つデータをわかりやすく記載しています。

アイキャッチ画像「タカラッシュの謎解き、おすすめまとました」 7

タカラッシュさんの謎解き(リアル宝探し)から、今遊べるオススメをまとめたレビュー記事です。タカラッシュさんの謎解きに10年間で100以上参加してきた筆者が厳選、タイプ別分類、難易度や所要時間のデータ化。次の休日のお出かけにすぐ利用できます。

アイキャッチ画像「オンラインリアル脱出ゲームおすすめ10選」 8

SCRAPさんのリアル脱出ゲームから、自宅で遊べるオンライン版のおすすめをまとめました。10年間で300回近くリアル脱出ゲームに参加してきた経験から、本気で面白いと思ったものをピックアップ。特徴や難易度などから、好みに合ったものが選べます。

-公園や遊園地など, 周遊謎 (街歩き系等)